top of page

relax, open, enjoy 

2023年10月のこと。
緑の気持ちいいおおきな空の下、懐かしいみんなが集う 祝福の日。

215.jpg

ふたりの祝福は、
まるで これまで二人が過ごしたかけがえのない日常と再会するような
瑞々しく、愛しい、なんというか青春のような一日でした。

建築のお仕事をするふたり。出会いも、その学校にて。

"結婚式には、建築仲間や恩師が来てくれるから、
当時奮闘した卒業制作のように 模型を飾りたいです!"

初めてお話で、そんな気持ちをお伺いしました。

そこから、ふたりのこれまでのことや好きなもの
見たい景色やつくりたいもの、いろんなお喋りをし

おふたりに 結婚式のテーマとなる言葉をお贈りしました。



we build  -ふたりの築き-」

その言葉を 私たちも合言葉に
これまでふたりが築いてきた アイテムや時間を、大切にコーディネートしました。

ゲストテーブルに並ぶ、建築模型。
ふたりの未来の暮らしをイメージした 結婚証明書。
高砂には、お父様からの贈り物 Kartell LA MARIE の椅子を並べて。


これまでふたりが築いてきてもの、
そして 今日の特別な築き が合わさる、この景色を一緒にお祝いできたことを
​何より嬉しく、幸せに思います。


 

2023_0504_goepic_087.jpg
2023_0504_goepic_276.jpg
2023_0504_goepic_598.jpg
2023_0504_goepic_096.jpg
2023_0504_goepic_473.jpg
2023_0504_goepic_602.jpg
2023_0504_goepic_041.jpg
2023_0504_goepic_050.jpg
2023_0504_goepic_573.jpg
2023_0504_goepic_500.jpg

we build   -ふたりの築き-  

そういえば 人生は建築のよう
考え 設計し 行動することで かたりになります
これまで わたしたちは好きなものを築いてきました

今日この景色もそう
​わたしたちふたりと
お越しくださった皆さまとで完成する
​健やかな 築き です
 

2023_0504_goepic_592.jpg

photo / Kawagoe Naoki
hairmake / Fujimura Mizue
flower / chelban
venu / FOLKFOLK

produce / Kobayashi Nodoka

bottom of page